インフル患者、さらに減少=週推計22万人−感染研(時事通信)

 1日から7日までに全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者は1カ所当たり4.26人で、前週(6.46)からさらに減少したことが12日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。1週間の推計患者数は約22万人で、夏以降の累積は推計約2028万人。ほとんどが新型とみられる。
 都道府県別では山梨(10.70)、福井(10.53)、沖縄(10.12)、埼玉(7.61)、静岡(7.27)の順に多い。秋田を除く46都道府県で前週より減少した。 

【関連ニュース】
インフル患者、再び減少=累計2000万人突破
インフル患者、8週ぶり増加=週48万人、ほとんど新型
インフル患者減少、7週連続=子供で増加傾向
余っても解約条項なし=輸入ワクチン、大量廃棄も
インフル患者、6週連続減少=ほとんど新型

移転せず再整備を=反対派グループが提案−築地市場問題(時事通信)
HIV抗体検査・相談件数が減少(医療介護CBニュース)
前福岡副知事、ホステスへのプレゼント要求(読売新聞)
「のど治らず麻薬」詩音被告、入手先言えない(読売新聞)
防衛大綱の有識者懇、座長に京阪電鉄・佐藤氏(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます